次のタグが付いている話題の回答:

9

スタック・オーバーフローの行動規範に沿わないとも、コメント機能の不適切な使用法とも思いませんが、不快感を与えないよう改善する余地は残っていると思います。 マルチポストに関する上のようなコメントは、スタック・オーバーフローの行動規範に沿わないレベルで良くないものでしょうか? ヘルプ センターでは、コメントの使用場面について「関係する情報を投稿に追加する」というものが挙げられています[1]。 どんな時にコメントしたらいいですか?[1] 作成者に対して明確化をリクエストする 作成者が投稿を改善するのに役立つ建設的な指摘を残す 関係するがささいまたは一時的な情報を投稿に追加する (関係する質問へのリンク、または質問が更新されたことを作成者に知らせる、など) ...


6

マルチポストを指摘するときのコメント、の前提にあるマルチポストに対するスタック・オーバーフローの見解としては、この回答ということでしょうか? 例えば、マルチポスト投稿者は「より具体的には次のようなことをするべきでしょう。」以下に挙げられている項目を実施すべきということでしょうか? この点がいまいち明確になっていないように感じています。 スタック・オーバーフローにおいてマルチポスト投稿者が行うべき行動をヘルプページにまとめるのはどうでしょうか? そうなっていればマルチポストを指摘するときに当該ページを挙げ、指摘内容が明確に伝わると思いますし、指摘者もリンクを挙げるだけで済みます。


6

質問です:マルチポストに関する上のようなコメントは、スタック・オーバーフローの行動規範に沿わないレベルで良くないものでしょうか? はい。私はそう感じています。 良くないのであれば、どのように書けば良いでしょうか? 少なくとも本サイトにおけるマルチポストの取り扱いを説明し、質問者が自分の質問をどのように改善すれば良いのかを示唆する内容にすべきでしょう。 (追記) 本来マルチポスト禁止でない当サイトで必ずそんなコメントをつける必要はない、と言うのが正直なところです。 現在のように極めて一部の人が、マルチポストであることを指摘するだけで何をどう改善すべきかの内容を全く含まないコメントをつけ続けることは、私には自分の考えを押し付けようとするスパムにしか思えません。


5

究極的には、運営側の Stack Exchange チームです。 より適切には、ここには「権限の連鎖」があると言うべきです。決定権には 3 つのレイヤーがあります。 1 つ目のレイヤーは通常のユーザーです。ユーザーは行動規範に違反していると思われる投稿を通報したり、それに対してコメントしたりします。 2 つ目のレイヤーはモデレーターです。通報を見て行動を決めます。つまり、行動規範に違反していることに同意するなら削除などの対応をし、そうでないならそのままにします。 多くの場合、連鎖はここで止まります。ただし、行動規範を理由に削除されたことに投稿者が気づいた場合、ヘルプページの問い合わせフォームから Stack Exchange チームに問い合わせることができます。 3 つ目、そして最後のレイヤーは ...


5

よりお詳しい @aki さんと @NicolasChabanovsky さんにお聞きしたところ、以下のように進むとのことでした。 新しい CoC は Stack Exchange Network 全体に影響します。最終版が英語版 Stack Overflow で承認された後、日本語版スタック・オーバーフローにも同様のページができます。 具体的には、https://ja.stackoverflow.com/help/behavior と https://ja.stackoverflow.com/help/be-nice が書き換わります。 その後日本語版の中で翻訳を進めていく流れになります。 したがって、現在 MSE で議論されている CoC は将来的にこのサイトにも影響を及ぼすことになります。...


3

未登録ユーザがよくみる上のここにも「StackOverflowは次の行動規範を推奨しております。」みたいな よさげな文言といっしょに設置したい感じもします!


1

Nicholas さんがヘルプセンターでの位置を移動してくださいました :) 関連して提案したことはありますが、ひとまず要望していたことは実装されました。


1

投稿してこられたユーザーの方達が新行動規範の中で動く意思を持っていることを前提として回答します。少し冗長かもしれませんがお許しください。 しばしばスタックオーバーフローでは、コミュニティのメンバーが決める事だという表現が見られます。 しかし、私たちは、現実的には、こうして投稿してきた人たちの中でしか判断することはできません。 誰でも投稿することは出来る。しかし、その投稿してきた人たちの中で、投稿していない全ユーザーの事を考慮しながら決める。現実的にはそうせざるを得ません。全ユーザーが決めていく、というのは、誰でも意見を述べてもいいということであり、投稿する自由もしない自由も認められているということだと解釈しています。 そしてその投稿してきた人たちの中で、最も説得力のあるものを選ぶことです。...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります