次のタグが付いている新しい回答:

3

2020年12月以降、スタック・オーバーフローにおいても Markdown 記法でテーブル構文がサポートされるようになりました。 詳細については Markdown のヘルプページ や、以下のリリース案内も参照してください。 関連メタ: Markdown にテーブル構文のサポートが追加されます


1

賛同します。 イベントがオンラインでもオフラインでも優劣はないと思いますし、バッジがあればさらに張り合いが出ると思います。 MSOの類似の話題ではDeepfakeではないバッジ名の案が出ていますが、シンプルにeイベントのようなバッジがあれば「良いイベント」に参加したことが分かりやすいのではないでしょうか。 ※他に思いついたバッジ名の案は「オンライン参加賞」「記念品.net」「電子の海で会った」「PCのまえにいた」(「いしのなかにいる」パロディ)などですが、イマイチでした。


上位 50 件の最近の回答が含まれています