次のタグが付いている話題の回答:

6

2020年2月現在、メールアドレスを元にしたアカウント登録の他に、GitHub, Google, Facebook の認証情報を用いたログインを行う事が出来ます。 既に作成済みのアカウントがある場合には、これら外部サービスのIDを追加の資格情報として紐付けることもできます。 参考: アカウントにログイン資格情報を追加または削除する方法は? - ヘルプセンター


4

翻訳した追記案を回答として投稿します。英語版での説明から変更したのは以下の項目です。 必要となる信用度がサイトごとに異なる (ベータサイト扱いの日本語版では 2,000) 翻訳案 削除された投稿 (信用度 2,000 が必要) モデレーターツールへのアクセス 権限を取得すると、deleted: 演算子を使用して (自分自身の) 削除された投稿を検索できます。 deleted:1 削除された投稿のみを検索します。 deleted:all 自分自身が作成した、削除済みの投稿と削除されていない投稿の両方を検索します。 deleted:0 自分が自身が作成した、削除されていない投稿のみを検索します。 (user:me と実質的に同じ動作) なお、サイト モデレーター はこの演算子を使用して、...


4

2020年7月29日から設定が変わり、表示されるようになりました。


4

この提案は 2015 年当時一度却下されましたが、その後 Meta Stack Exchange での議論が進み、2020 年の今日、全てのユーザーに対して タイムラインのページへ遷移するボタンが表示されるようになりました。 より詳しくはこちらの回答をご覧ください(英語)。


3

日付部分に限らず「英語」と「それ以外の言語」で生じる 語順の違いが考慮されていない 箇所が多々あります。 例えば、移行関連の通知でも現状では以下の通り英語の語順に合わせたものになっているので不自然です。 Migrated Last month. ~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~ $1 $2 移行済み 先月 ~~~~~~~ ~~~~ $1 $2 期待する日本語での表示は以下の通り (変数の順番を入れ替える必要がある)。 先月 移行済み。 ~~~~ ~~~~~~~~ $2 $1 英語での表示 日本語での表示 他にも「to ~」「~に対して」、「by ~」「~によって」等。


3

挙動が変更され、全角スペース、および中黒が名前に使えるようになりました。 あわせてエラーメッセージの翻訳も変更しましたので、そのうちより自然なエラーになるはずです。 詳細: https://meta.stackexchange.com/a/342979/341401


3

提案そのものについては 賛成 です。 下記の二つは「内容を改善しましょう」という別のメタ投稿がされており、この中で「スタック・オーバーフロー」表記に揃えられているので、後は反映待ちの状態です。 「製品サポートとしてこのサイトを使ってもよいですか?」の内容を改善したい 「最小限の・自己完結した・確認可能なサンプルコードの書き方」を改善したい 「ここではどのような~」のページも表記を揃えるだけならモデレーター権限で直接編集できるのですが、"改善待ち"が無くなっていたり、全体的な文面も改善の余地ありなのかなと個人的には思います。 追記@2020/06/16 ひとまず表記ゆれを先に揃えました🙏! 全体的な文面の改善についてはこちらをご覧くださいませ。


2

提案する新しい画像の一覧 切り取りが雑なので、余計なものがスクリーンショット内に入っていることがあります。 矢印や枠線による強調は今のところ行っていません。 画像の変更や文章の変更など、自由に編集してくださって構いません。 別の質問をしようとするとシステムから1日以上待つように言われました。これはなぜですか? 興味のあるトピックはどうしたら見つかりますか? アカウントの削除方法は? この記事の内容全般を見直す必要がありそうなので、未掲載 メタへの参加 Wiki 投稿の作成 投稿の通報 お礼の設定 広告を減らす スタック・オーバーフローでは投稿内に広告が表示されないので、未掲載 クローズ票の表示 クローズ票および再オープンの投票 確立したユーザー 実際の動作と異なる説明があるため、...


2

I would appreciate the translation of this answer. 私の質問の理解が正しければ、本件はすでにシステムに存在します。 既存の理由でクローズ 質問がクローズされる際には特別なバナーが表示されます。バナーには質問の何が良くないのか、そして質問が再オープンされるためには投稿者が何をするべきかが記されています。この場合、質問のクローズ理由インターフェイスに表示されるテキストテキストが何かはわかっています(変更可能です!)。しばらく前にクロージングシステムが更新され、オーディエンスごとに異なるテキストを指定できるようになりました。つまり、クローズされた質問の投稿者、クローズに投票したユーザーや再オープン特権を持つユーザーへは別のフレーズが表示されます。 ...


2

質問時からは時間が経っているので、いま現在の対応方法を念のため別回答としておきます。 技術的には他サイトへの移行は可能ではありますが、まず質問者本人の意思を確認する必要があります。 いったん質問をクローズして「日本語版と英語版の違い」をメッセージで伝えます。 英語での質問を希望する場合には、英語版への再投稿を基本的に勧めています。 もし実際に移行をする場合でも、英語版以外により特定の話題に特化した関連サイトがそれぞれあるので、適切なサイトに移行してあげるべきでしょう。 (Ubuntu向けの Ask Ubuntu, Vim向けの Vi and Vim, Blendar向けの Blendar など)


2

最近になって MSE 全体で Markdown のレンダリングが CommonMark という形式に変更されました。(既にスタック・オーバーフローに対しても適用済みのようです) We're switching to CommonMark - MSE この変更に合わせて、編集時のツールバーでのコードハイライトをコードフェンスに変えて欲しいと 要望を出してみました 。


1

2020-08 に MSE で投稿本文に関するデザインの改善についてのアナウンスがあり、スポイラーのデザインも変更されたようです。 New post formatting - Meta Stack Exchange 変更後のデザイン:


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります