次のタグが付いている話題の回答:

13

このサイトの投稿ではMarkdown記法やHTMLを使うことができますが、そのためにいくつかの記号は特殊な意味を持ち、また連続した半角スペースは省略されてしまいます。このような場合、 文中に当該文字列がある場合: ` で囲む 複数行にわたる場合:半角スペース4つでインデント とすることで、書いたまま表示させることが可能です。 簡単な方法としては、整形したい範囲を選択した上で {} ボタンをクリックすると、上記の記法を適用できます。ショートカットキー Ctrl+K や ⌘+K を押すことでも同じことが可能です。 ソースコードの一部が既にインデントされていると、その部分だけ勝手に整形表示されることがあります。この場合も、コード全体を選択した上で改めて上記の操作を行ってください。 こうすることで、...


7

goタグの言語設定が <none> (無し)になっていたので、default に設定しました。タグの言語設定は、「情報」タブで確認できます。 // 選択肢に lang-go が無いため、汎用設定である default にしてあります。 質問によってハイライトされたり、されていなかったりしたのは、一方はrubyタグも付いていたが、もう一方はgoタグのみだった、という違いによります。 meta.seの記事を参考に色々試したところ、質問のタグの言語設定とハイライト機能の関係はこうなっているようです: <none> → ハイライトされない # ハイライトされていなかった質問はこの状態だった default → ...


5

lang-swift に変更しました。


4

いずれも lang-vb に変更しておきました。


4

シンタックスハイライトとは何ですか? 可読性を上げるためソースコードに色をつけることを、シンタックスハイライトと呼んでいます。通常、使われているプログラミング言語によって色の付け方を変えます。 どういう仕組みですか? Stack Exchange ネットワーク上のシンタックスハイライト機能は、第三者によって開発されている Google Code Prettify を使用しています。 このためシンタックスハイライトに関するバグ報告や機能要求は Stack Exchange 側では処理できません。Google Code Prettify の開発チームにコンタクトを取って下さい。 投稿のプレビュー画面においては、タイピングを止めて 5 秒経ってからシンタックスハイライトが適用されるようになっています。 ...


2

2017年8月現在、goの言語設定は lang-go になっています。 このため標準では <!-- language: lang-go --> 相当のハイライトが付きますが、Go extension は現状歴史的経緯によりコメント部分にしか色が付きません (※)。 このため、現状では Code Prettify のデフォルトにした方がそれっぽい色が付きます。 ただし、<!-- language: default --> だとタグの言語設定が優先され、lang-go が選択されてしまいます。ワークアラウンドとして lang-golang をつけると一応 default 扱いになるようです。 なお、本家 Stack Overflow での言語設定は lang-golang になっています ...


1

特に反対意見が無いようなので、shellscript のコード言語を lang-sh に設定しました ✔️


1

このバグは当サイトのバグではなく、entoさんのコメントによるGoogle Code Prettifyのバグのようです。 Google Prettify上にバグが直した場合、当サイトにも適用します。


1

defaultに設定しました。 まだ適切ではなかったら、コメントでご教示ください。


1

オンにしました。各タグのシンタックスを選ばないといけませんが、機能が使えます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります