次のタグが付いている新しい回答:

3

質問者さんが行われている質問を見ると、「EmEditor」というソフトウェア製品について、質問したことがサポート担当者(この場合は作者)に即座に伝わって(出来れば即座に)対処してもらえるようにしたい、ということだと思われます。 @nekketsuuu さんの回答のように、このサイトではそういう仕組みは無いのですが、即時性・指名制は無くてもサポートとしての使われ方はあります。 製品サポートとしてこのサイトを使ってもよいですか? 質問者さんが行いたいであろう「EmEditor」に関しての質問は、最近1年前くらいから作者によるサポートが充実しているので、ご希望のような仕組みが無くても割と素早い対応が期待できるはずです。 英語版サイトだと、様々な企業が製品サポートの一つの手段として活用している例が多々ありますが、...


6

スタック・オーバーフローではそのようなことはできません。たとえば Quora という Q&A サイトには特定のユーザーに回答リクエストを送る機能がありますが、スタック・オーバーフローにこのような機能はありません。代わりに、単に新しく質問するようにしてみてください。 スタック・オーバーフローは、その場限りの Q&A で終わらせるような投稿を意図していません。プログラミングにおいては、ある質問への最良の回答が年を経て変わったり、場合によって複数の回答がありえたりすることがよくあります。そのような場合でも Q&A としての質がなるべく落ちないように、質問者が回答を解決済みとした後も回答を投稿できるようにしていたり、他人が投稿を編集できるようにしていたりといった仕組みを用意しています。 ...


2

ここスタックオーバーフローは、基本的にはユーザ同士の相互扶助の場であるべきです。有償提供に値するコンサルティングや個人指導を求められても、興味を持った回答者の善意や好奇心を別にすれば、誰しもがそれにこたえる義務はないというのが基本スタンスです。 プログラミング初学者(知識の有無) と 質問の初心者(質問スキル) は異なります。残念ながら、スタックオーバーフローは「よりよい質問の仕方」を直接サポートする場ではないでしょう。数をこなすことで質問スキル向上につながるかもしれませんが、これは質問者自身の認識によるところが大きいと思います。問題さえ解決できればよいという質問者に対して、何かを働きかけるのは至難の業です(ましてや無償の互助会において)。 何が分かっていないのかをコメントで聞いてみるという方法もあります。...


7

これは経験則ですが、回答するにあたって「まず、どこから説明すれば良いか?」と悩んでしまうとき、たいていは問題の所在が明らかではなく、回答者により多くの負担がかかっています。このため、まず行う必要があるのは回答を作成するためにかかる負担を減らす行動です。 たとえば、質問者へ幾つかのコメントを投げかけ、どこで躓いているのかを特定するために役立つ情報を得ることが出来ます。具体的には次に示すようなコメントが挙げられますが、どのような情報でも良いので、とにかく問題がどこにあるのかをさらに絞り込むことが重要です。 どこが理解できないか どこまでは理解できているか そのコードがどのように動作すると考えたか 今までに試したことは何か これにより疑問点がより明確になるため、質問の視認性が向上します。...


上位 50 件の最近の回答が含まれています