3

一年ほど前までスタック・オーバーフローには、「ゲストとして投稿」という機能がありました。これはアカウントを作成する手順を伴わずに、ユーザ名とメールアドレスを入力するだけで質問ができるという機能でした。

ゲストとして投稿機能のスクリーンショット。2列あるうちの左側にはログイン用のフォームが、右側にはゲストとして投稿するために必要な情報を入力するフォームがある。

この機能は、サイトを新しく訪れたユーザからの質問投稿を促進するために導入されていましたが、現在はコミュニティからのフィードバックを受けて廃止されています。

ここで疑問があります。「ゲストとして投稿」機能が廃止されるにあたって、「ゲストとして投稿」が行えた当時のゲストアカウントは、どのような扱いになっているのでしょうか?今からでもパスワードを設定すれば使えるケースや、完全に使えなくなっているケースなど、いくつかのパターンが考えられますが、実際にどのように扱われているのかは、どの資料でも明らかになっていないと思います。

1 件の回答 1

3

明確には答えられませんが、私の推測などを述べます(なお、心配する材料などが出るまでは、私からStack Exchange社に問い合わせる予定は無いです)。

推測される状況

  • ログイン状態が継続可能
  • 投稿不可能
  • 登録手続きにより登録ユーザーになれる

このサイトの状況

他のサイトの状況

「ゲストとして投稿」機能が無効化されたサイトはいくつも有ります。その中には本家Stack Overflowなど、ユーザー数が多い所も見られます。これらのサイトで問題が報告されていないので、しかるべく対処されているのだろうと推測します。

Blender Stack Exchang における無効化時の報告では、既存のアカウントに影響しないとされています。

This will not affect any of the current users or existing accounts, nor how the site works,

—— https://blender.meta.stackexchange.com/q/3022

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。