翻訳のガイドラインはありますか? で質問しましたが、今のところ翻訳のためのガイドラインは無さそうです。
ですので、ガイドラインの策定を提案いたします。
方向性が決まれば、コミュニティWikiとして投稿しなおし、必要に応じてメンテする形でどうでしょうか。


私案を以下に投稿いたしますが、その他に提案、指摘などあれば、よろしくお願いします。
また、私の提案はスタイルガイドという形で表記についてしか触れていませんが、翻訳作業のワークフローなども含めるべきかも知れません。その点もご意見お願いします。

スタック・オーバーフロー翻訳スタイルガイドライン(提案)

このガイドラインは、都度の翻訳作業において、完全な準拠を求めるものではありません。
翻訳の表記に迷った時や、表記の統一作業を行う際に参照して下さい。

基本

基本的に、「JTF日本語標準スタイルガイド」に従います。
ただし、

  • JTF日本語標準スタイルガイドで複数のスタイルが示されており、選択が必要な点
  • JTF日本語標準スタイルガイドに従わない点
  • JTF日本語標準スタイルガイドで触れられていない点

などは以下の「補足・例外」に記します。

補足・例外

文体

説明のための文章や、ユーザーに要求をする文章の文体は、敬体(ですます調)とします。
例:

  • 「〜が必要です」
  • 「〜を書いてください」

インターフェースの要素や、見出し、箇条書きに類するものは、常体(である調)か体言止めとします。
例:

  • 「〜を投稿する」(ボタン)
  • 「〜であること」(箇条書き)

ただし、質問形式の見出しは敬体(ですます調)とします。
例:

  • 「〜とは何ですか?」

カタカナ複合語

カタカナ複合語を区切る際は、半角スペースを用います。
例:

  • 「コミュニティー モデレーター」
  • 「ユーザー プロフィール」

ただし、固有名詞などで中黒(・)の使用が定着しているものは、中黒(・)で区切ります。
例:

  • 「スタック・オーバーフロー」
  • 「クリエイティブ・コモンズ」

全角文字と半角文字の間のスペース

JTF日本語標準スタイルガイドに従い、全角文字と半角文字の間にはスペースを入れませんが、Markdownの都合上必要な場合や、URIなどの識別子は、スペースで区切ります。
例:

スラッシュ

スラッシュ記号は、半角のスラッシュ(/)で表記します。
前後のスペースが原文にあれば、残します。
例:

  • 「1/2」
  • 「サイトデザイン / ロゴ」

3点リーダー(...)

3点リーダー(...)は原文のまま、ピリオドを3つ重ねて表記します。
例:

  • 「その他...」

ユーザーインターフェースを構成する記号

JTF日本語標準スタイルガイドに従い、文章に現れる記号は全角で表記しますが、UIの中で区切りや囲い、単位表記として用いられている記号は、原文が半角であればそのままにします。
前後のスペースが原文にあれば、残します。

例:

  • 「低いスコア ($Score$)」(丸かっこ)
  • 「回答日時: $date$」(コロン)
  • 「$percent$% 未解決」(パーセント記号)

カタカナ語を用いず、アルファベットのままにする語

技術系サイトとして自然な範囲であれば、無理にカタカナ語を用いず、アルファベットのまま表記します。
その際、原文の語頭が小文字であっても、日本語の中での座りが悪ければ、大文字として構いません。
例:

  • 「Markdownの書式」
  • 「タグWiki」

強調(斜体・太字)のマークアップ

パーサーのバグを回避するために、Markdownによる強調のマークアップにはアスタリスク(*)を使います。
原文のマークアップがアンダースコア(_)であっても変更します。

例:

  • *斜体*
  • **太字**
  • ***太字かつ斜体***
  • 改めて JTF スタイルガイドを読んでみると、ガイド自体は「長いカタカナ複合語は中黒で区切る」と言っている一方、2.1.7 節の解説に書かれているとおり、JTF スタイルガイド自体はカタカナ複合語の間に記号を入れない選択をしたと書いていることに気づきました。スタック・オーバーフロー上でのQ&A自体は主に日本語を母語とする‌​方々が日本語で行うものですので、カタカナ複合語(特に技術用語)に区切りが入ることは少ないように思います。となると、翻訳においてカタカナ複合語の区切りを採用した場合‌​、翻訳された部分とそうでない部分とで表記揺れが発生することになります。これは不自然かもしれないと思えてきました。カタカナ複合語の区切りは慣用的な例外を除いて使用しないことにするのは如何でしょうか。(翻訳に詳しくないので、悩んでいます。) – nekketsuuu 17年12月2日 14:17
  • 私も「カタカナ複合語の区切りは慣用的な例外を‌​除いて使用しない」に一票。日常的にカタカナ複合語に区切りが入ることは少ない→翻訳の際も日常的な慣習に従った方が覚えるルールが少なくてよい、という利点もあるかと思います。 – ento 17年12月3日 21:12
  • 翻訳スタイルの他に、翻訳物が Creative Commons になるよう、自動翻訳サイトは基本使えないことをどこかに書いておいた方が良いかもな、とふと思いました。 – nekketsuuu 9月11日 15:33

この質問に回答するには、ログインする必要があります。

求めていた回答ではありませんか? のタグが付いた他の質問を参照する。