Markdown ヘルプ

折りたたむ | 上記のセクションは、参照の便宜を図るために、編集に関する以下の完全なヘルプから引用しています。

スペース 4 個で字下げして、エスケープされた <pre> <code> ブロックを作成します:

    printf("%d\n", 42);  /* what was the
                            question again? */

コードとしてのインデントに切り替えるには、テキストを選択しCTRL+Kと入力できます。

The text will be wrapped in tags, and displayed in a monospaced font. The first four spaces will be stripped off, but all other whitespace will be preserved.

Markdown と HTML はコード ブロック内で無視されます:

    <blink>
       You would hate this if it weren't
       wrapped in a code block.
    </blink>

インデントを使う代わりにいわゆる「コードフェンス」を使ってコードブロックを作ることもできます。下のように、3個以上連続したバッククォートかチルダを使います。

```
alert(false);
```

~~~
alert(true);
~~~

バッククォートで囲うことで、インラインの <code> を挿入することができます:

`$` 文字は `window.jQuery` の単なるショートカットです。

(バッククォートキーは日本語配列だと Enter の近く、英語配列では左上にあります。)

Like code blocks, code spans will be displayed in a monospaced font. Markdown and HTML will not work within them. Note that, unlike code blocks, code spans require you to manually escape any HTML within!

コードそのものにバッククォートが含まれている場合、区切り文字として複数のバッククォートを使用しなければならないことがあります。

名前 ``Tuple`2`` は有効な .NET タイプ名です。

行末にスペースを 2 個入れると、<br/> 改行が追加されます:

どのようにあなたを愛しているか   
私に数えさせてください
*これは斜体で*_これも_同じです。
**これは太字**で、__これも__同じです。
___必要なら___、斜体と太字を***同時に使う***こともできます。

斜体や太字に切り替えるには、テキストを選択しCTRL+I または CTRL+Bとそれぞれ入力することもできます。

リンクを記述する方法は 3 種類あります。それぞれが、前の記述方法よりも読みやすくなっています:

これは [Google](https://www.google.com/) へのインライン リンクです。
これは参照スタイルのリンクです:[Google][1]。
こうすると更にわかりやすいですね: [Yahoo!][yahoo][1]: https://www.google.com/
  [yahoo]: https://www.yahoo.com/

リンクにするには、テキストを選択しCTRL+Lと入力できます。もしくはその位置でリンクを挿入するにはテキストを選択せずにCTRL+L と入力ください。

The link definitions can appear anywhere in the document -- before or after the place where you use them. The link definition names [1] and [yahoo] can be any unique string, and are case-insensitive; [yahoo] is the same as [YAHOO].

Links can have a title attribute, which will show up on hover. Title attributes can also be added; they are helpful if the link itself is not descriptive enough to tell users where they're going.

Here's a <span class="bg-black-200">[poorly-named link](https://www.google.com/ "Google")</span>.
"[ここをクリック][^2]"と書くのも分かりにくいですね。
[参照][web].
  [^2]: https://www.w3.org/QA/Tips/noClickHere
        (「ここをクリック」というフレーズを使わないようにとのアドバイス)
  [web]: https://ja.meta.stackoverflow.com/ "スタック・オーバーフローMeta"

標準の HTML ハイパーリンク構文も使用できます。

<a href="https://example.com" title="例">例</a>

We have modified our Markdown parser to support "naked" URLs (in most but not all cases -- beware of unusual characters in your URLs); they will be converted to links automatically:

I often visit https://example.com.

山かっこで URL を囲むと強制的に URL にできます:

Have you seen <https://example.com>?

相対的 URL または完全な URL を使用できます。

Underline text to make the two <h1> <h2> top-level headers :

見出し 1
========
見出し 2
--------

見出しのスタイル設定には、テキストを選択しCTRL+Hと入力できます。

The number of = or - signs doesn't matter; one will work. But using enough to underline the text makes your titles look better in plain text.

複数レベルの見出しにはハッシュ マークを使用します:

# 見出し 1 #
## 見出し 2 ##
### 見出し 3 ###

クローズを示す # 文字は任意です。

Insert a horizontal rule <hr/> by putting three or more hyphens, asterisks, or underscores on a line by themselves:

---

水平線を挿入するにはCTRL+Rと入力できます。

罫線 #1
---
罫線 #2
*******
罫線 #3
___

文字間にスペースを入れる方法もあります:

Rule #4
- - - -

水平線を挿入するにはCTRL+Rと入力できます。

箇条書き <ul> リスト:

- 箇条書きにはマイナス記号を使用します
+ またはプラス記号
* またはアスタリスク

番号付き <ol> リスト:

1. 番号付きリストは簡単です
2. Markdown では数字が追跡されます
7. このため、これは項目 3 になります。

テキストを選択し CTRL+UCTRL+O を押すことでも、箇条書きや番号付きリストを適用することができます。

ダブルスペース リスト:

- このリストは <p> タグでラップされます
 
- これで項目と項目の間にスペースが 1 個多く挿入されます

その他の Markdown ブロックをリストに入れるには、各ネスティング レベルをスペース 4 個で字下げします:

1. リスト項目内のリスト:
    - スペース 4 個で字下げ。
        * スペース 8 個で字下げしました。
    - 再びスペース 4 個を入れます。
1. リスト項目内のリスト:
    - スペース 4 個で字下げ。
        * スペース 8 個で字下げしました。
    - 再びスペース 4 個を入れます。
2.  リスト項目内の複数パラグラフ:
    パラグラフはスペースを 4 個入れて字下げすることをお薦めします
    3 個でも動作しますが、
    他の要素をネストすると混乱します。
    常に 4 個にしてください。
 
    最初の行をスペース 1 個余分に字下げします
    これらのパラグラフと揃えました。実際に使用する場合は、
    リスト全体でこの方法を用い、すべての項目が揃うようにします。
 
    このパラグラフはリスト項目の一部には違いありませんが、見栄えがよくありません。このため、最初の 2 つと同じように、ネストされたパラグラフを手動でラップすることをお薦めします。
 
3. リスト項目内のブロック引用:
 
    > 1 行あけて
    > > をスペース 4 個字下げします。
 
4. リスト項目内の書式設定済みテキスト:
 
        1 行あけて、スペース 8 個分字下げします。
        リスト用のスペースが 4 個
        4 個がコード ブロックをトリガーするためのスペースです。

引用には行の先頭に>を入れます

> これはメールで引用を表すときの記法を元にしています。
> メール同様、適度な長さで改行を入れても良いですが、
> 環境によって画面幅で折り返しされてしまうので気を付けてください。

ブロック引用を切り替えるには、テキストを選択しCTRL+Qと入力できます。

その他の Markdown ブロックをブロック引用に入れるには、>に続いてスペースを追加ください。

その他の Markdown ブロックをブロック引用に入れるには、>に続いてスペースを追加ください。

> The `>` on the blank lines is required
> to create a single blockquote.
> 
> If you leave out the extra `>`
> you will end up with
> two distinct blockquotes.

ブロック引用内のブロック引用:

> 標準のブロック引用は字下げされます
> > ネストしたブロック引用はさらに字下げされます
> > > > ネスティングの深さに制限はありません

ブロック引用内のリスト:

> - 引用ブロック内のリスト 
> - &gt; の前にスペースを入れて
>      *サブリスト

ブロック引用中の書式設定済みテキスト:

>     全部で5つのスペースでインデントします。
>     最初のひとつは引用ブロックだと示すためのものです。

画像はリンクとほぼ同じですが、前に感嘆符を挿入します:

![有効な XHTML](https://w3.org/Icons/valid-xhtml10).

画像を挿入するにはCTRL+Gと入力できます。

The word in square brackets is the alt text, which gets displayed if the browser can't show the image. Be sure to include meaningful alt text for screen-reading software.

リンクと同様、画像も参照構文およびタイトルで使用できます:

このページは![有効な XHTML][ チェックマーク].です。

[チェックマーク]: https://w3.org/Icons/valid-xhtml10
             「どうしてニコニコしているの?」

注意:Markdown では現在、画像への最短参照構文には対応していません。

これは破損した![チェックマーク]です。

ただし、参照名を間接的に示す、より詳しい記述を使うことはできます:

この![チェックマーク][]は動作します。

参照名は代替テキストとしても使用されます。

You can also use standard HTML image syntax, which allows you to scale the width and height of the image.

<img src="https://example.com/sample.png" width="100" height="100">

相対的 URL または完全な URL を使用できます。

If you need to do something that Markdown can't handle, use HTML. Note that we only support a very strict subset of HTML!

 コンピューターを再起動するには、<kbd>ctrl</kbd>+<kbd>alt</kbd>+<kbd>del</kbd> を押します。

Markdown の高度な機能により、範囲レベル HTML が崩れることはありません:

<b>Markdown はこれで *正常に* 動作します。</b>

ブロックレベルの HTML 要素には制限事項がいくつかあります:

  1. 空白行を使って前後のテキストから離す必要があります。
  2. 一番外側のブロック要素の開始タグと終了タグは字下げしないでください。
  3. Markdown は HTML ブロック内では使用できません。
<pre>
    ここでは Markdown を<em>使用できません</em></pre>

より詳細な情報が必要ですか?

公式の CommonMark 仕様ページを参照してください。


Stack Exchange 独自の記法

次のセクションでは、正式には CommonMark の一部ではないテキスト書式設定の追加機能について説明します。

スタック・オーバーフローMeta に関するタグ、について話をする場合は、次のようにします。

詳細については、[tag:象]というタグのついた多数の質問をお読みください。

タグは対応するタグページへ自動的にリンクされます。

このメタサイトのタグでは、この構文を使用します:

この目的で、[meta-tag:機能に関する要望]タグが用意されています。

テキストの一部を非表示にし、ユーザーがクリックしたときにのみ表示されるようにするには、ブロック引用構文を使用して感嘆符を追加します。

At the end of episode five, it turns out that
>! he's actually his father.

Code blocks can be highlighted using highlight.js. In many cases, the syntax highlighting language will be inferred from the question's tags.

言語を手動で指定したい場合は、コードを囲っている始まりの部分でこのように書いてください:

``` lang-js
setTimeout(function () { alert("JavaScript"); }, 1000);
```

You can use either one of the supported language codes, like lang-cpp or lang-sql, or you can specify a tag, and the syntax highlighting language associated with this tag will be used.

構文強調言語が次のコード ブロックだけでなく、続くすべてのコード ブロックに使用されるように指定するには、次のようにします:

<!-- language-all: lang-html -->

コード ブロックを強調表示する構文が不要であると指定するには、次を使用します:

<!-- language: lang-none -->

テーブルのサポートは、 GitHub 風の Markdown テーブル拡張 仕様に基づいています。

| A header | Another header |
| -------- | -------------- |
| First    | row            |
| Second   | row            |

アライメント

区切り行の対応するセルに : を含めることによりテーブル列の配置を設定できます。左側の : は、列を左揃えにします(これがデフォルトです)。右側の : は右揃えで、左右両方の : は、中央揃えの列を生成します。

| left | center | right |
|:---- |:------:| -----:|
| One  | Two    | Three |

Syntax の詳細

  • 見出しの行の後には同じセル数のセパレータ行が続く必要があります
  • セルはパイプ (|) 記号で区切られます
  • 先行と後続のパイプ記号は選択できます
  • スペーシングと -文字を視覚的に並べる必要はありません

コメントで使用できるのは、太字、斜体、コード、リンクだけですが、ごく一部の簡単リンクも使用できます。

_italic_ and **bold** text,
inline `code in backticks`,
and [basic links](https://example.com).

利用可能な簡単リンク:

  • [meta] – 現在のサイトのメタにリンクします。リンクテキストはサイト名 (例: 「Super User Meta」) です。サイトにメタサイトがなかったり既にメタサイトにいたりする場合は影響がありません。

  • [main] – [メタ] と同様ですが、動作が逆になります。

  • [edit] – コメントが有効になっている投稿の編集ページ、/posts/{id}/edit にリンクします。リンク テキストは「編集」です。

  • [tag:tagname] および [meta-tag:tagname] – 指定されたタグのページにリンクします。リンクテキストはタグの名前です。meta-tag は、メタサイトでのみ使用できます。

  • [help], [help/on-topic], [help/dont-ask], [help/behavior] および [meta-help] – ヘルプセンターのよく閲覧されるページにリンクします。リンクテキストは「ヘルプセンター」です。すべてのリンクはメインのサイトを指します。

  • [tour] – ツアーページにリンクします。リンクテキストは「ツアー」です。 (大文字小文字は区別されます)

  • [so], [pt.so], [su], [sf], [metase], [a51], [se] – 指定されたサイトにリンクします。リンク テキストはサイト名です。

  • [chat] – 現在のサイトのチャットサイトにリンクされ、リンク テキストは「{site name} チャット」になります。

  • [ask], [answer]質問方法ページまたは回答方法ページにリンクします。

  • [something.se] – something.stackexchange.com へのリンク (そのサイトがある場合)。リンクテキストはサイト名です。次では [ubuntu.se] を使用します: Ask Ubuntu。

The owner of the post you're commenting on will always be notified of your comment. If you are replying to someone else who has previously commented on the same post, mention their username: @peter and @PeterSmith will both notify a previous commenter named “Peter Smith”.

It is generally sufficient to mention only the first name of the user whose comment you are replying to, e.g. @ben or @marc. However you may need to be more specific if three people named Ben replied in earlier comments, by adding the first character of the last name, e.g. @benm or @benc Spaces are not valid in comment reply names, so don't use @peter smith, always enter it as @peters or @petersmith.

If the user you're replying to has no natural first name and last name, simply enter enough characters of the name to make it clear who you are responding to. Three is the minimum, so if you're replying to Fantastico, enter @fan, @fant, or @fantastic.

You can use the same method to notify any editor of the post, or – if this is the case – to the モデレーター moderator who closed the question.